仕事の人間関係がストレス!!そんな貴方の為の対処法マニュアル

 

こんにちは、ロジャーです

今回は読者さんのお話をシェアします。
職場の人間関係に悩んでいる!
という方には必見のお話です。

では、ここからは読者さんのお話です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

現代社会において仕事のストレスが
人間関係という方も多いのではないでしょうか。

 

パソコンがあれば
どこででも仕事ができてしまう。

そんな時代ですが、必ずしも人と関わらなくても
いいなんてことはありませんよね。

僕の場合、新卒で入社した
超ベンチャーの広告代理店での
人間関係が辛くて苦しくて仕方ありませんでした。

 

皆さんも「あぁもう面倒臭いな」とか、
「なんでそんなこと言われないといけないの」とか
一人一人違った人間関係のストレスがあると思います。

そこで人間関係のストレスを洗いざらいして
少しでも緩和できる方法をお伝えします!

未来に絶望し労働環境に文句垂れる大企業社員だった頃の俺に送る過激な手紙

まずは「誰に、何を言われる・されること」のストレスを書き出してみる

人と人が関わる環境においては
やはりストレスは生まれてきてしまうものです。

その中であなたは誰に何を言われた、
もしくはされた時にストレスが溜まりますか?

具体的なストレスを書き出してみましょう。

 

例えば、
「上司に毎回モラハラや
 パワハラを受けること」だったり、

「ある社員に有る事無い事で
 噂を回されていること」だったり、

「仕事を覚えようとする
 姿勢がみられない部下」などなど。

 

様々なストレスに感じる理由を
洗いざらい出してみましょう!

 

僕の場合、広告代理店で
「社長から毎日舌打ちされること」や、
「社長からの毎日の怒号と僕に対するため息」でした。

 

従業員数が少なく、新卒にとっては
即戦力になんてなれないのに、

それを社長は汲み取らず
入社3〜4年の社員と同じことを
入社日の次の日からやれと言ってきました。

 

その時は「無理です」なんて言えなかったし、
「あのくそ社長め!」と心の中で叫んでいました。

 

皆さんの職場環境、人間関係は
どんなのがありましたか?

洗いざらし出してみると、
自分でもこれがストレスに感じてるんだ、
と再認識することもできますよ!

原因は自分にあるかもしれない

人間関係のストレスを洗いざらい出して頂いたと思います。

その中で「原因は自分」であるストレスはありませんでしたか?

 

例えば、
「そもそもコミュニケーションを取るのが苦手だから」とか、
「周囲から認めてくれていない気がするから」とか、
「自分の存在価値がないような感じがするから」とか、

自分主体で考えていませんか?

 

実はそう言うケースは多いです。

コミュニケーションがうまく取れないとか、
周囲に自分の意見を言うのが怖いとか、
逆に周囲に強く当たってしまうとか、
自分の行動が原因で自分にストレスを
かけてしまっているケースが非常に多いです。

 

僕の場合の原因は、大手運輸会社に勤めていた時に

  • 周りの人はバカばっかだから
    話すのやめてしまった

  • あの人に何言っても無駄だから
    関わるのやめようと考えていた

  • 結局話を聞いてくれそうにないから
    誰にも話すのやめようとした

 

など、自分の行動や言動で
自分への人間関係のストレスをかけてしまっていました。

 

あの時冷静に考えていたら…
なんてこともあるかもしれないので、

 

まずは冷静に見つめ直して、
原因は自分側にあるのか、

それとも他人側にあるのか

それとも環境そのものなのかなど、
原因を炙り出してみましょう!

自分側からのストレスが強い場合

原因を考えて頂いたと思いますが、
どちらの方が多かったですか?

自分側の方が多い方は、救いがあります。

 

だってその一つ一つの原因を解消するために
自分で行動すればそのストレスは解消されるからです。

なので、例えば
「コミュニケーションを
 うまく取ることができない」のなら、

「コミュニケーション上達方法」などの
書籍やYouTubeなどを見れば

どうすればいいのかのメソッドは
注力して手に入れることができます。

 

「上司に何を言っても
 無駄だから何も言わない」なら

「同僚に相談してみる」とか、
「その上司の上の上司に言ってみる」とか、
行動はいくらでもできると思います。

 

なので、自分側に原因があって
ストレスを溜めてしまっているのなら、

まずは

「自分が何をすれば
 ストレスを減らせるのか」を考えてみましょう!

 

僕の場合、大手運輸会社の頃に
土日休みと言う契約で入社したのに、
シフト制だし24時間勤務もあるしで

待遇が全く違いました。

 

その時に上司にその旨を言うも、
何も行動してくれませんでした。

なので上司より
もっと上の支店長レベルの方のところに
自ら言ってその旨を伝えると、

部署の移動をしてくれて
土日休みになることができました。

 

自分側にストレスを感じているのなら、
社内で解決できることがたくさんあります。

自分の行動次第で変わるからです。

人間関係のストレスとうまく付き合っていくための
原因と対策を今一度整理してみましょう!

相手側からのストレスが多かった場合

人間関係のストレスが
相手側からの方が多い場合は、
大きく分けて3つの対策を練る必要があります。

 

ストレスが身体をどんどん蝕んで行ってしまうと、
仕事にも支障をきたしてしまうし、
もっとひどくなってしまうと、

「抑うつ状態」や
「うつ病」になってしまいます。

そのため、少しでもストレスを
解消できるよう3つの対策をご紹介します。

 

1:誰かに相談する

 

社内で相談できそうな方はいませんか?

くだらないことでも相談できる間柄の方は1人くらいいるはずです。

 

まずはその身近にいる誰かに相談してみましょう。

 

そうすると解決策を考えてくれるだけでなく、
自分から声に出すことでストレスで辛い状態から変わろうとする自分に切り替わります。

 

改善策が出なかった場合は、
上司や人事部、総務部の方に時間をもらって相談してください。

 

他人からは「些細な出来事」かもしれませんが、
ストレスに感じているのならそれは「あなたにとって重大な出来事」です。

 

このように運営側や経営側に直接相談することで解決するケースも多いので試してみてください!

2:自分が変わる

あまり人はコロッと急には変えられませんが、選択肢の一つとして挙げておきます。

自分が嫌な思いをしたら、自分が相手に嫌な思いをさせないようにする心構えをしてみたり、
部下が育たないなら育つように自分が今まで成長してきたメソッドを教えてみて実践させてみるのも選択肢の一つですよね。

とにかく急に自分は変わることはできませんが、
「他人に優しくなる」ことで人間関係のストレスが減るかもしれません。

3:味方を作る

人間関係でストレスを溜めてしまっているのは、
大抵の場合1人で抱え込んでしまっていることが多いです。

なので周りの協力を
得られるような行動をぜひしてみてください。

例えば、
「何か困っている同僚や部下がいたら助けてあげる」とか、
「上司に頻繁に話に行って分からないことでも
なんでもいいからとにかく話しかけて
コミュニケーションをとっておく」とか、

いざとなった時に自分の味方に
なってくれる人を1人でも多く作っておきましょう。

それでも人間関係のストレスがなくならない場合は!?

色々試してみたけど、
やっぱり人間関係のストレスが解消されないと
感じている方もいるかもしれません。

 

人というのは本当に複雑で大企業では
特にその複雑が入り混じって大変なことになっています。

 

オープンフリーな環境であれば、
人間関係のことで悩むこともストレスを
溜めることも少ないと思いますが、
皆さん全員がそうではないと僕も思います。

先ほどの「味方を作る」でも書いたような、
身の回りに相談できる関係性を構築しておくのは、得策の一つだと言えます。

 

しかし、人間関係のストレスの原因が
「上司」の場合が多い方もいると思います。

 

その時は素直に人事部や管理職の方に相談しましょう。

助けを求めましょう。

例えば、「上司から毎日モラハラを受けている」とか、
「営業目標を達成しないと口を聞いてくれない」とか、
相手側に原因があるストレスを助けてくれる方に言いましょう。

 

人事部の方々も、管理職の方々も、
一人一人の細部までは把握しきれません。

それらの事実を知らないことが多いです。

 

その「知らないこと」を「教えてあげる」だけで、
例えば別部署に異動させてくれたり、
上司に指導が入ったり、
何かしらのアクションはとってくれると思います。

 

ただし気をつけて置かなければならないのは、
自分にも非があるかもしれないので
そこもしっかり伝えることです。

 

頭ごなしに上司や部下を否定するのではなく、
「自分にもできていない部分はありますが、
 上司(部下)の言動は〇〇で
 ストレスが尋常ではありません」など、

前にクッションを置いておくと、
聞く手も納得してくれる場合が多いです。

運営側に言っても改善されないのであれば、
「仕事を辞めること」も
視野のうちに入れても良いと僕は思います。

仕事を辞めるという選択肢

運営側がアクションを起こしてくれない、
もしくは自分で行動しても状況や環境は変わらないのであれば、
仕事を辞めることをお勧めします。

 

仕事の人間関係でストレスに感じているのなら、
そのストレスの度合いにもよりますが、
心身を痛めて神経をすり減らしていることになります。

また、体調に変化は起きていませんか?

例えば、最近「吐き気がする」とか、
「会社の前に着くと動悸がする」などの軽い症状から、
「下痢や嘔吐が止まらない」、
「血便が出ている」などの重症まで、

最近の身体の変化はありませんか?

あるとしたら、それは身体からのSOSです。
まずは仕事を休みましょう。

 

体調が数日で戻れば会社に復帰して働いても良いと思いますが、
環境が変わらないのであれば、
一定期間休むことを強くおすすめします。

それらの症状がずっと続いてしまうと、
冒頭で説明したような「抑うつ状態」や「うつ病」、
さらには「統合失調症」になりかねません。

職場の規定やルール、健康保険の規定など、
今一度確認してどれくらい休めるのか、
休んでいる間に傷病手当金などが支給されるのかを知っておきましょう。

 

「家族の生活」のことや「ローン」などで
すぐに辞めると言う選択肢は取れないかもしれません。

 

そう言った場合は、休める期間をめいいっぱい休んで、
体調を回復させることを第一に考えて休養してください。

 

休んでいる間に傷病手当金が入るのであれば
それで切り詰めてでも生活はできると思いますし、
出ない場合でも有給などを使う方法もあります。

 

身体がSOSを出しているのに職場に戻り
さらに症状を悪化させないように気をつけてください。

 

僕の場合、広告代理店で勤めていた頃は
毎朝5時に起きて仕事に行き、
家に帰ってくるのは0時前でした。

 

これが休日にも突然出勤せざるを得なかったりして、
それらが続いて下痢や嘔吐が止まりませんでした。

 

それでも「仕事に行かなきゃ」
「今日やる仕事あれとこれもあるし…」と毎日考えながら
満員電車に揺られと言う生活を送り、ある日の朝倒れました。

そして次の日からベッドから起
き上がることすらままならなくなってしまいました。

うつ病の発症です。

皆さんにはそう言う思いは決してして欲しくないので、
休養を強くおすすめしています。

 

また、それだけ辛いのに、
その仕事を続ける意味はありますか?

人間関係でストレスで辛くて苦しいなら、
その仕事じゃなくても良い理由を考えてみましょう。

意外と仕事は辞められる

仕事は意外とすぐに辞めれます。

会社は1人欠けても回るような
サイクルを作り上げているからです。

誰かがいないと回らないと言う
会社は大企業ほどありません。

 

ストレスで苦しんでいるのなら、
その仕事・職場じゃなくても
良い理由を今一度考えてみましょう。

 

例えば、東京や首都圏に勤めたいなら、
マイナビやリクナビの転職サイトの検索に
チェックを入れるだけで何千もの求人が出てきます。

 

土日休みで残業時間が少ない企業が良いなら、
それもチェックして検索すれば、
いくつも求人は出てきます。

結局、今の職場じゃなければ
ならない理由ってないですよね?

 

僕の場合、うつ病を発症した時に
すぐに仕事を辞めました。

 

次の職場は運よく知り合いに頼んで
すぐに見つけられましたが、
うつ病になってしまうと、何度も繰り返してしまいます。

 

そのため、大手運輸会社にいた頃も
うつ病を再発してしまい、休職後には退社しました。

 

でも今でも働く場所はあります。
何度も転職したって、仕事はあります。

やりたい仕事や希望する職場環境はあります。
そしてこうして記事もかけることができています。

今一度、今の会社じゃなくても良い理由と
自分が何を望んで何を選びたいのかを再認識してください。

仕事を辞めることは悪いことではありません。
自分の身体の方が大切です。

「身体が資本」という言葉が
あるくらいですから身体を大事にしてください。

まとめ

これまで、
会社の人間関係でストレスを溜めてしまっている方への
メソッドをお伝えしてきましたが、

いかがだったでしょうか?

 

日々ストレスで何が自分の本当のストレスか
分からなくなってしまっている方も多いと思います。

 

これを機に、
今一度ストレスで辛い原因を明らかにして、
自分側から来ているのか、
それとも相手側から来ているのかをはっきりさせるべきです。

 

そうしてその一つ一つのストレスに
対策を練って行くのが1番の近道であるし、
職場を変えなければならない状況に
ならずに済むかもしれません。

 

しかし、日々のストレスが溜まりに溜まって
身体にSOSが出ている場合はいますぐ仕事を休みましょう。

心も身体も
疲弊しきってしまっている証拠です。

会社のルールや規定を確認して、
休めるときはしっかりと休みましょう。

 

それで元気になって
職場復帰できるかもしれませんし、
会社を辞めると言う選択肢になる場合でも
それはそれであなた自身にとって良いことです。

 

先ほども書きましたが、
仕事を辞めるのが悪いことではありません。

プライベートを充実させるために
生きていると言うことを忘れないでください。

あなたが倒れてしまってからでは遅いんです。

しっかりと
心と身体のケアをしていきましょう。

あなたが元気で
あなたらしく働けることを祈っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私、ロジャーは
不労で月収200万以上稼ぐ起業家と出会い、
たった半年で120万円以上稼げるようになり
人生が激変しました。

現在は、ロジャーもサイトを仕組み化して
不労で月収200万ほど稼いでます。

昔は自動車メーカーの落ちこぼれ社員として
朝から晩まで働いていましたが、
今は一人で、ほぼ働かずに稼いでます。
まあ…クッッソ怪しいですよね。

お前は才能があったんだろ?と言われますが
元々は仕事も出来ない落ちこぼれ社員で、
仮病で会社をサボるような人間でした。

そんなダメ人間でも自信を持つことが出来て
自力で稼いで、起業することができました。

ビジネスに才能なんて不要です。
どんな人でも、行動すれば
絶対に変わることが出来る。

起業家との出会い、うつ病を克服する過程、
月収200万の不労所得を生み出すまでの過程
コチラで暴露してます↓

うつ病で自殺しかけた大企業の
落ちこぼれ社員が
起業して
200万円稼ぐまでの逆襲物語

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
下記画像をクリックして
人生逆襲1億円物語を読む

自伝本を出版しました。

ロジャーの成功の軌跡、理念について綴った
¥1200で販売中の電子書籍も
メルマガ登録でプレゼントしてます↓

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)