汚部屋の住人だった俺。布団かゆい…掃除めんどくさい…

 

こんにちは、ロジャーです。

 

今回は、
俺自身の黒歴史を語ろうと思います。

ずばり、言ってしまうと、
『7年間ほど汚部屋の住人だった』という話。

汚部屋のイメージ的には、
こんな感じの、まさに散らかった部屋。


(流石に当時の写真はないのでフリー素材で勘弁)

 

ゴミ屋敷とまでは言わないけど、
物は散乱し、ゴミは溜まっていて、

まあ本当に酷い部屋環境で
生活をしていた時期があります。

 

こういう話って、
恥ずかしさや不甲斐なさを感じて
なかなか他人には相談しづらい内容だし、

それ故に、なかなか解決できずに
ずっと汚部屋生活を送ってしまっている人も
いるんじゃないかな、と思ったので
(いないなら、まあ俺の黒歴史として笑ってくれ…)

 

俺の汚部屋の住人を卒業するまでに
やってみた対策や解決方法、

綺麗好きに変わったきっかけを
話していこうと思います。

 

ちなみに、
「要らないものを捨てよう!(キリッ)」的な、

そういう巷でよく言われているようなことは
この記事では一切話しません。

 

もっと根本的な、片付けできない心理も含めて
突っ込んだところを話そうかと。

お掃除テクニック的な情報を知りたい人は
コンビニに500円くらいで売られてる片付け本か
昼間にやってるワイドショーでも見てください。

 

では、汚部屋の住人ロジャーの
脱出物語の始まり始まり。

 

=======================

俺の汚部屋の歴史は、7年くらいだろうか。

18歳、受験戦争を終えて、
私立大学への入学が決まり、

キラキラなキャンパスライフへの憧れを胸に
俺は初めて実家を離れ、一人暮らしすることになった。

そして、この「一人暮らし」をきっかけに、
俺の生活、部屋環境の崩壊が始まった。

 

最初の最初は、
初めての一人暮らしに高まった。

 

ウヒョオオオオオ、
俺だけの空間!俺だけの部屋!!!

何時に何していようが自由!
最高だ!なんて最高なんだ!!!!

 

自分だけの空間を手に入れたのが
人生で初めてで、妄想が膨らんだ。

「どんな部屋にしようかなあ…
  黒を基調としたオサレ部屋にしようかなあああ
 ムフフフ…スピーカーやPC並べて、
 自分だけの秘密基地みたいなのもありだな…」

「わあああ、というか友達もいつでも呼び放題。
 女の子ともキャッキャできるかも…へへ。」

 

こんな妄想が脳内でドバドバと渦巻いていた。

 

が、そんな理想のお部屋の
オシャレ生活は叶うことはなかった。

それどころか、

一人暮らし2年目にして
俺の生活環境は崩壊した。

 

どうしても掃除や家事が出来ないのである。

いや、出来ないというより、
家事がめんどくさい、掃除がめんどくさい。

やりたくない、明日でいいや。
こういう生活になってしまった。

 

いや!もちろん
最初の最初は、頑張ってたんすわ。

実家での母親の行動は見ていたから、

ちゃんと掃除機かけたり、トイレ掃除して、
洗濯も布団干しもしっかりやらなきゃ、
そういう義務感があって、頑張ってた。

あと、
やったこともない料理に挑戦してみたり。

 

スーパーに行って、レジ袋にネギやら、
人参やらの野菜を詰め込んで
買い物をしている自分が新鮮で、

最初の最初だけは、ワクワクした。

 

 

でも、続かないんよ。

自分でもびっくりするくらい、続かない。
びっくりするくらい、家事や掃除をサボり始める。

 

最速の挫折は料理だった。
一人暮らし開始してから、
2ヶ月目にはもう、自炊を諦めた。

 

料理のやり方わからんし、
野菜の切り方も意味不明だし、

当時はクックパッドでレシピを調べて、
なんてことも出来なかった。

 

何なら包丁触るのすら怖い状態だったし、
刃物って怖ええってなって。

あと一人暮らしだと、
高確率で野菜や食材を腐らせる。

バカせまいキッチンで
料理するのもしんどいし。

それに加えて、
せかせかと学校もバイトしている大学生活。

俺には、料理を作る余裕がなかった。

 

料理を諦めた俺は、
イオンでバイトしていたこともあって、
よくお惣菜や弁当を買っていた。

 

それ以外だと、冷凍のうどんとか、
パスタとか、レトルトカレーとか食べてた。

 

で、こういう生活になると、

当然、そういう弁当を買っていると、
ゴミの量が半端なくなる。

弁当やお惣菜って、容器のゴミが
めちゃくちゃかさばるから、
めっちゃ邪魔なんだよなあ…

 

そしてゴミの量が増えると、
「あーーゴミ捨てめんどくせえ」となり、

部屋にゴミが散乱、飯を食うたびに
部屋が汚くなっていく。

 

 

ゴミなんか捨てりゃあ良いじゃん、と
思うかもしれないけど、

 

俺はそもそも
ゴミ捨ての時間に起きられなかった。

 

学校のレポートに追われて
4時、5時に寝る生活になっていたり、

夜遅くまでバイトして、疲れ切って爆睡で
飛び起きるように学校に通学する生活だったり、

酒を覚えて、酔っ払って帰ってきた日には
そんな清々しい朝を迎えられるわけもなく、

昼夜逆転の崩壊した生活になった俺は、
ゴミ捨ての時間に起きられなかったのである。

控えめにいって、クズ生活だった。

本当はルール的にダメだけど、深夜にこっそり
ため込んだゴミ袋を何袋も抱えて捨てたこともある。

 

こうして、俺の部屋は
ゴミを溜め込むのが当たり前になった。

こうして、俺は汚部屋生活の扉を開いた。

 

じゃあゴミが出ない食事を
すれば良いんじゃねー?

と思うかもしれないけど、
残念ながらそうはならない。

 

もちろん、買い弁だけじゃなくて
パスタを茹でたり、レトルトカレーを
食べることも結構あったんだけど、

それはそれで、別問題が発生する。

 

皿洗いがめんどい…

 

ドン引きされるのを覚悟でいうけど
皿を洗わずに、2週間放置したこともある。

当たり前に皿洗いをできる人からすれば
「何で出来ないの?」とイライラする話かもしれない。

でも、出来ない。やりたくない。

 

正確にいうと、
“今は”やりたくない、という気持ちなんだよね。

他にもっとやるべきことあるし
(大学の課題やレポートなど)
皿洗いなんて、あとでやれば良いや、と。

 

こうして、
ズルズルと後回しに考えてしまうのが
汚部屋の住人思考なのである。

 

こうなってくると、
当然、掃除もやらなくなってくる。

ホコリだらけ、髪の毛だらけ。

「え、何でこんなとこにチ○毛あんの?」
という謎現象にも、頻繁に遭遇するようになる。

大学で、教科書を開いたら、
チ○毛がこんにちは!してきたときは驚愕した。
(俺はこの現象を、チ○毛マジックと読んでます)

 

もちろん、トイレの掃除なんてやらない。
トイレの便器とか、あんま触りたくないから。

30分後には、また汚いものを放出するのに
何で掃除しなきゃいけないんだよwww

とか真面目に、本気で思ってた。

だから
黒ずみの綺麗な輪っかが便器にできる。

 

最初は、こういう汚れを見ると、
不快感を感じるんだけど、

2日我慢すれば、
その程度の汚れは気にしなくなる。

 

風呂も全てがヌルヌルで
カビも生えてきて、掃除しなきゃ、

と思いつつも、

 

汚れの多さ、汚さに絶望して、
「うわあ。めんどくせえ」と思ってしまう。

で、結果、サボる。

 

皿洗いも、部屋の掃除機かけも、
トイレ掃除も、風呂掃除も、

 

最初は、「やらなきゃ!」
って頭ではわかってるんだけど、

大学のレポートがーーーー
バイトがーーーーー
今日は予定があるからーーー

と瞬時に「後回しにする理由」を
脳内で生み出して、やらなくなる。

 

そして、恐ろしいのが
「汚いことに慣れる」のである。

最初はレベル1の汚さが気になるけど、
ちょっと時間が経って見慣れると、

「ま!こんぐらいならいっかwww」と考え始めて、

レベル1を気にしていた自分は、いつしか
レベル100の汚れを何も気にしない自分になる。

 

こうして、
汚部屋の地獄行ループするのである。

 

ちなみに、布団も悲惨だった。
まず、布団をほとんど干さなかった。

まじで昔の俺はバカだったので、

「布団って何で
 干さなきゃいけないんだろう?」

って思ってた。

 

「干してなんか意味あるんけ??」と
まじで考えてたし、
「別に干さなくても、寝れるやんけ」と。

 

で、そんなことしているせいで、
俺は新しい問題に直面します。

それは『布団痒い問題』です。

最初は、
「んーー?なんか最近、
 布団入ると痒いなあ…」と思い始めて

なんでだろう?不思議だなあ〜くらいにしか
考えてなくて、気にしてなかったんですが、

 

ある時期を超えてから、
朝起きると、全身のいろんなところが
痒くなる現象に直面しました。

うわあ〜〜もう耐えられん!
なんでや!と思って、

「布団 かゆい」とググったら

そこで初めて、『ダニ』だ!と
気づいたわけです、あほでした。笑

 

あ、だから布団って干すんや!って
その時に初めて気がつきました。

あほでした。(2回目)

 

でも結局、布団を干す時間に起きてないし、
めんどくさいし、

それからもほとんど布団を干すことは
なかったんですけどね、あほです。(3回目)

 

 

あ、最後にもう一つ。

もちろん『洗濯』も、
バッチリさぼりまくりですよ。

 

とりあえず着る服がなくなるまで、
洗濯しなかったですね。

まとめて洗濯した方が
節約になるじゃん、という考えです。
貧乏学生だったので。

 

だから異常な量のパンツ持ってました。
(正直、何枚が下着の
 適正枚数なのかはわからんけど。笑)

でも
リアルにパンツだけでも30着以上あったので、
1ヶ月洗濯しなくてもパンツ回せるレベルです。

他人のおぱんつ事情は知らないのでわからんけど、
おそらく異常に多いのではないかと思います。

 

 

と、まあこんな感じに一人暮らしを初めて、
2年目にはすっかり汚部屋生活になりました。

床にはゴミが散乱して足の踏み場ない、
クローゼットはものが雑に押し込まれた状態、
トイレは真っ黒、お風呂はヌルヌル、
キッチンはカピカピのお皿積み上げ。

 

まじで今考えると、地獄ですね。
呼吸するだけで、死にそうな環境。笑

 

で、ここまでくると、
自分でもわかってるんすよ。

これじゃあダメだよね、こんな生活、
こんな汚い部屋、恥ずかしいことだよね、と。

汚部屋に住んでいる掃除の出来ない自分に
とてつもないコンプレックスを感じるんですよ。

 

もしかして、俺ってADHDなんじゃないか?
みたいな、病気を疑い始めたりもしましたね。

なんか病気だったとしたら、
部屋の掃除すらできない自分を許すための
免罪符になる気がして、
ADHDの情報を追い求めてた時期もあります。

 

ともかく、

自分のズボラさ、これがコンプレックスすぎて
他人に汚部屋だとバレるのが異常に恐怖してました。

だから、他人に対しては
しょーーーもない見栄をはるんですよね。

 

例えば、自分の家に
友人を呼ぶことになったとき。

 

もうね、こういうときは、
異常なほどに掃除しました。笑

 

本当に、異常に綺麗にしてた。

 

こんな風に、他人の目が入ると
「こいつ、汚えな」と思われるのが嫌で、
一気に焦りを感じ初めて、重い腰を上げて、
掃除しようと一大決心をし始めるんすよ。

これでもか!ってくらい大掃除する。

 

でもそれ一発なんよ。
一発屋掃除人。

 

だから、一大決心して
超大掃除しても、1週間も経てば
完璧に元通りになるんすわ。

 

まじで、逆・劇的ビフォーアフターです。

なんと言うことでしょう〜

お友達が遊びに来ていたときは、
あんなに片付けられて、綺麗だった部屋が

匠(汚部屋住人)の手によって、
「お?泥棒にでも入られたんか?」と
言いたくなるような、大変貌を遂げました。

 

的な…ね。笑
いや、笑い事じゃないんだけどさ…

 

こんな人間だったので、
大学の友達がアポなしで、家にきても、
絶対に家に入れなかったっすね。

恥ずかしくて、入れられなかった。
悲惨すぎる部屋だから。

 

で、こんな生活が7年くらい続いて、

汚部屋の住人であることに、
慣れてしまったわけです。

この慣れが一番、怖い。

 

床にゴミが散乱してても、まじで無。
何も気にしなくなる。

これは社会人になっても、
ほとんど変わらなかった。

 

というか、うつ病になってからは
もっと生活が悪化した。

掃除なんて持ってのほか、風呂も入れないし、
歯を磨くのもめんどくさい、

そんな状態になっちゃうんすよね。

 

 

もうね、ベッドから
とてつもない重力を感じるんすよね、
鬱になると。
(俺の場合だけかもしれんけど)

起き上がるのもしんどいし、立ち上がって、
何かしようと思っても、だるくなって、
すぐベッドに吸い込まれる

 

で、ぐちゃぐちゃの部屋で
ぐちゃぐちゃのベッドに横たわって、

「あーーーーーーーー
 俺ってなんてクズなんだ」

と、自己否定が加速していくわけです。

汚部屋に住んでいる自分を客観視して、
精神がまた死んでいくんすよね。

 

で!

それで!!

 

なんと、
そんな超ズボラ&汚部屋住人だった俺も、
今ではかなり綺麗好きになりました。

少なくとも、ホコリが目に入ると、
「あ、軽く掃除しよっかな」と思い立って
掃除機をかけ始めちゃうくらいには
綺麗好きになりました。

皿洗いも、使い終わった直後に
全部綺麗に洗うし、

風呂もトイレも2日に
1回くらいのペースで掃除します。

 

現在進行形で掃除が苦手で
俺の汚部屋エピソードに
共感してくれた人からすれば

 

おいおいおいおいおいおいおい…
待ってくれよ、ロジャーよ。

突然の裏切りやめてくれぇ…

 

と、思うかもしれません。

が、大丈夫です、安心して欲しい。

 

俺も、ほんの、
ちょっとしたきっかけで
かなーーーーーーーり変わりました。

膨大な努力をしたわけでもないし、

別に「掃除を習慣化しよう!」みたいな…

掃除が苦手で、めんどくさがりな人からすれば
「それが出来たらやってるわ!」的な、
小難しい解決方法ではありません。

 

 

そんな俺が変わったきっかけは、
ずばり『掃除道具』を一新したこと、です。

 

え、そんなこと?と思うだろう。

 

確かに、超シンプルですね。
でもシンプルですが、強力な改善方法です。

というか、これくらいシンプルで
簡単な解決方法だったからこそ、
めんどくさがりな俺にとっては好都合。

 

特に俺の場合、この『道具』に対する価値観が
汚部屋の住人にさせた最大の原因だった、

と、今になって気付きます。

 

 

例えば、掃除機。

 

掃除機なんて、

そんな高価なものいらんだろ、
ダイソンとか、あほくさ。

所詮、ホコリ吸うだけだし、
別になんでもいいっしょ。

こういう思考回路だった。

 

だから3000円くらいで買えちゃう、
聞いたこともないようなメーカーの、
超安い紙パック式の掃除機を使ってた。

 

洗濯なんて、もっともっともっと酷いっす。
実は、洗濯機を持ってすらなかったです。

どうやって洗濯してたか?というと
コインランドリーで洗濯です。

あとは大学の研究室に置いてあった、
洗濯機を使って洗濯しに行ってました。笑

 

もうね、そりゃあ掃除嫌いになるわ、
そりゃあ洗濯だるくなるわ、と。

どう考えても、
掃除環境が悪すぎるもん。

まあさすがに、洗濯機持ってないなんて
俺ほど酷いパターンはレアかもしれませんが…

 

とにかく、掃除や家事全般の
道具に対する重要性を
かなり甘くみていたんすよね。

 

というか、
俺自身の『道具』に対する価値観が
まじで終わってました。

これに気付けたのは、
ビジネスを始めてからです。

ビジネスを勉強して、起業して、
『お金の使い方』の価値観が
ゴリっと変わっていきました。

 

ビジネスを勉強する前は、
どんなものでも、

『とにかく安く済ませよう』
という思考回路でした。

 

『高い買い物=無駄なこと』という
歪んだ方程式が頭に、
ガッチリと染み付いていたんですよね。

あと、変な風にひねくれた、
「気合と根性論」を持ってた部分もあります。

贅沢な道具を使うなんて“甘え”だ、と。

 

これは掃除だけではありません。

例えば、筋トレをするときも
ジムに通って、トレーニング器具を使うなんて
あほくせえ、と思ってました。

そんなん、家で鍛えりゃあいいやん、
気合と根性だろ、みたいな。

ライザップ?論外じゃん、あほくさ。

↑こういう思考です。
いわゆる、貧乏思考です。

(今だったら、ライザップの価値を
 ちゃんと理解できます。)

 

貧乏だった俺は、とにかく貯金しようとしたり、
小さいお金を必死に守ろうと必死でした。

だから、

『自分の時間と労力をかければ
 解決できることにお金は使わない』

↑こういう貧乏思考になってました。

 

でもこういう思考で行動していると、

どんなことをやるにしても、
効率悪いし、結果につながらないし、
問題解決のスピードはガタ落ちします。

これ、まじで良くなかったなあ、と思ってるし、
こういう思考回路で生きてた自分に後悔してます。

 

これが変わったきっかけは、
新しいPCを買ったときです。

さっきも言いましたが、
『お金の使い方』の価値観が
変わったんすよね。

 

俺は、ネットの仕事なので、
パソコンというのは、
最重要な商売道具なんですよ。

 

にもかかわらず、俺は
オンボロの低スペのWindowsPCを
8年くらい使ってました。

 

今考えると、アホすぎるんですが、
当時の思考回路としては、

「確かにPCの性能低いし、動作重いけど、
 でも待てば動いてくれるし、
 これで作業できないわけじゃない」

と考えていました。

我慢して、どうにかなるなら、
現状維持でいいや、みたいな。

 

でも、ビジネス駆け出しの頃に
先輩経営者の方から、注意されました。

「ダメでしょ!!
 商売道具には金をかけなきゃ!」と。

で、その方から
MacBookProをお勧めされました…

 

でも、Macってブランド品のようなもので
当時の俺からすれば、結構良いお値段するんすよ。

『自分の時間と労力をかければ
 解決できることにお金は使わない』

 

こういう価値観だった俺からすれば

当然、
「えぇ…嫌だなああ…」
となるわけですよ。笑

そりゃあもう不快です。
抵抗感MAXです、Macなんて高級品を買うなんて。

 

で、嫌々ですが、先輩に助言されたので
Macについてリサーチしてたら、

appleの公式ページで買うと
24分割まで手数料無料で買えること知って、

俺はめちゃくちゃ勇気を出して、
ハイスペックなMacBookProに
パソコンを買い換えたんです。

 

30万円くらいしました。

 

たかがPC買い替えただけで、
大袈裟な、と思うかもしれませんが
当時の俺からすれば、まじで勇気の一歩でした。

 

で、いざMacを手に入れてみると、
もう快適も快適。革命でした。

 

PCってこんなすごいんだ、って。笑

起動するのに、何分も待たなくていいんだ、
こんなに簡単に動画作れるんだ、
すげーーー使いやすいし、ガンガン作業進むじゃん…

と、衝撃を受けましたね。

自分のMacが大好きになって、宝物になって
毎日触りたい、見ているだけでも
美しいとまで思うようになりました。

変態的ですが、それでも「触りたい」という
気持ちが芽生えることによって、
結果的に作業効率もモチベも上がります。笑

そして、行動のハードルは下がります。

 

ここで俺はやっと気付きます。
『効率を高める道具』の重要性を。

頭では、なんとなく気づいてたけど、
変な気合と根性論にかき消されてました。

それが、自分で『道具』に投資したことによって
初めて、その重要性を“体”で理解しました。

 

  • いかに、行動のハードルを下げられるか?
  • 自分にやりたいと思わせられるか?
  • 時間を圧縮できるか?

 

↑特に、ここが重要視すべき基準になります。

これをきっかけに、

生活の効率を上げてくれる道具にも
お金をかけなきゃいけないんだな、

という考え方・価値観に激変したわけです。

 

それから俺は「あほくさ〜」って
思っていたダイソンを買いました。

怒涛の掌返しですが
別に恥じてはいません、

これは俺自身の価値観の成長ですから。笑

10万弱くらいしました。

俺が買ったのは、v11って奴のはず。

Amazonは、正規品かどうか怪しいので
公式のストアで買うことをお勧めします↓

 

で、掃除機に10万とか昔の俺だったら
泡吹いて倒れちゃうレベルですが、

実際、使ってみると
ダイソン、まじで最高でした。

 

当たり前ですが
コードレスの掃除機って最高ですね。

コード絡ませながら、
ゴロゴロとホースのついた掃除機を
引きずり回していた時よりも
圧倒的に楽です、肉体的にも精神的にも。

コードがグリングリンに絡まると、
キイイイイィィィィーーー!!!
ってなってたんですが、もうその心配なし。

あと、吸ったゴミが見えるのも
使っていて楽しいです。

↓この透明なところに溜まってくれます

たくさんゴミを吸い込んでくれたあとは、

「うほお、こんなにゴミ吸ったんか!
 ダイソンたん、今日も可愛いな」

って思います、俺は。
(変態)

 

ちなみに、
俺が使ってるやつはバッテリーの関係で、
30分くらいしか稼働しないんですが

これ、デメリットかと思うじゃないですか。

 

でも使ってみると、逆です。
メリットだなあと思います。

だって、30以内に
掃除終わらせなきゃいけないですから。

タイムリミットがあるおかげで
ダイソンたんに

俺がテキパキ“動かされる”

 

エヴァンゲリオンだって、
アンビリカルケービルが外れてから、
焦り始めて使徒、倒すじゃないですか?

それと同じっす。

このタイムリミットも
サボり魔な俺からすれば、魅力です。

実際、使ってみないと
体験できない感覚かもしれませんが。

 

ちなみに、誤解しないで頂きたいのは、

むやみやたらと、
とにかく高い物を買った方が良い

というわけではないです。

 

傾向として、高いものは良いものが多いけども
安くても、革命的に便利な道具はあります。

 

例えば、布団乾燥機。

これも神アイテムです。

俺が使ってるのはこれです、
安かったです↓

今時、布団乾燥機なんか使うんか?
と思われそうですが、まじで重宝してます。

 

俺はこれで、さっき話した
『布団痒い問題』を解決しました。

色々とダニ問題については
リサーチしまくったんですが、

昔の俺みたいな汚部屋じゃなくても、
布団がなかなか干せない梅雨の時期は
ダニに要注意です。

痒くなるだけじゃなくて、
鼻詰まりの原因になったり、
目の痒みにもなるとのこと。

 

で、その解決方法として、布団乾燥機です。

レイコップ(布団用の掃除機)も検討しましたけど、
『布団乾燥機+掃除機』が効果高いらしいです。

なので、俺は布団乾燥機でダニを抹殺して、
ダイソンの布団用アタッチメントで吸ってます。

熱でダニを殺す、死骸を掃除機で吸う。
シンプルイズベスト。
(もちろん、布団を干すのも効果的)

 

実際、俺はこのパターンで運用し始めてから
布団のダニで痒い問題はバッチリ解決してますし、
布団乾燥機はコスパ良いですね。

あと、普段なかなか布団を
干すタイミングない人もかなりおすすめかと。

 

そして布団乾燥機の場合は、冬にも使えます、
というか、こっちの方がメジャーかな。

クッソ寒い日でも、布団乾燥機を使っておけば、
あったかくて、もふもふな布団で
バコンと爆睡かませます。

まじで電源が切れるように入眠してます。

本当に良いアイテムだと思います、
ぜひ導入してみてほしいっすね、布団乾燥機。

 

もっと細々としたところでいうと、

トイレの掃除なら、
こういうティッシュを置いておくだけでも、

トイレに行って、これが目に入るだけで、
「ちょっと拭いとくか?」と
自分に意識させることができる。

 

100均で買える粘着のコロコロとかも定番ですけど、
俺は部屋の目に見えるところに置いてます。

あと、デスクの上には、キーボードとか
細々とした掃除機ではやりづらい場所を
掃除する用のゴミ取りスライムを置いてます

こういうやつ↓

 

と、まあこんな感じに

俺みたいな、ズボラタイプの人は、
いかに日常生活に「掃除」を
意識させるアイテムを溶け込ませるか。

自分に「掃除」を気づかせるか?が
大事だと思います。

 

習慣化しよう!と意気込んで
習慣化できたら楽ですけど、

多分、掃除ができないタイプは、
そんな簡単にいかないはず。

 

だから、
アイテムを住環境に散りばめて、
自分に気づかせるんです。

 

ダイソンなんて、置いておいても
ちょっとかっこいいじゃないですか。

普通の掃除機はゴチャゴチャしてて、
邪魔だし、ダサいけど、

なんかダイソンのスタイリッシュなデザインなら、
部屋に置いておいても許せるし、
出して置けるくらいコンパクトですから。

 

とまあ、こんな感じに、

色々と神アイテムを導入することによって
掃除を意識させるきっかけが生まれ、

パッと道具を手に取り、
ちょっとだけ掃除できる環境にしておく。

それが結果的に、部屋を綺麗にしておくことの
気持ちよさを体感していくことに繋がります。

 

自分の中で
『掃除=めんどくさい、やりたくない』

↑この方程式だったのが、今では
『掃除=やるとスッキリする!快適になる!』

この報酬回路が脳内に確立したので、
俺は、汚部屋を卒業していくことができました。

 

特に、金をかけて愛着のある道具を導入し、
「ちょっと掃除しようかな?」と思える環境づくりが
最大のポイントです。

 

細々とした、お片付けテクニック
って巷に溢れてると思うんすけど、

 

そういうテクニックよりも、
自分の思考回路や、認識を改革していく方が、

自分の行動も変わって、
根本的な解決に繋がりますね。

 

わかりやすくいうと、

・嫌いな上司と食事に行く
・気の許せる仲間と食事に行く

どっちがハードル低いですか?
どっちのほうが行きたいですか?と言われたら、
間違いなく後者ですよね。

 

掃除も同じです。

超うるさいのに、大して吸ってくれない、
しかもコードがゴチャゴチャしてる掃除機を
引きずりながら掃除することよりも

オシャンでパパッと掃除開始できて、
ちゃんと掃除できてることが目に見える、

コードレスクリーナーで掃除する方が
圧倒的にハードル低いし、
楽しいし、達成感あるわけですよ。

 

パッと行動開始できる環境づくり、
これ大事です。

 

ビジネスでも大事ですし、
ダイエットでも、英語の勉強でも
大事なことです。

行動のハードルを極限まで下げる、
継続できる環境を作る、
パッと行動開始できる環境にする。

 

これです、ぜひ実践を。
では。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私、ロジャーは
不労で月収200万以上稼ぐ起業家と出会い、
たった半年で120万円以上稼げるようになり
人生が激変しました。

現在は、ロジャーもサイトを仕組み化して
不労で月収200万ほど稼いでます。

昔は自動車メーカーの落ちこぼれ社員として
朝から晩まで働いていましたが、
今は一人で、ほぼ働かずに稼いでます。
まあ…クッッソ怪しいですよね。

お前は才能があったんだろ?と言われますが
元々は仕事も出来ない落ちこぼれ社員で、
仮病で会社をサボるような人間でした。

そんなダメ人間でも自信を持つことが出来て
自力で稼いで、起業することができました。

ビジネスに才能なんて不要です。
どんな人でも、行動すれば
絶対に変わることが出来る。

起業家との出会い、うつ病を克服する過程、
月収200万の不労所得を生み出すまでの過程
コチラで暴露してます↓

うつ病で自殺しかけた大企業の
落ちこぼれ社員が
起業して
200万円稼ぐまでの逆襲物語

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
下記画像をクリックして
人生逆襲1億円物語を読む

自伝本を出版しました。

ロジャーの成功の軌跡、理念について綴った
¥1200で販売中の電子書籍も
メルマガ登録でプレゼントしてます↓

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)