1億円を体験してきた。

 

こんにちは、ロジャーです。

突然ですが、1億円と聞いて皆さんはどのような印象を抱くでしょうか?

 

「とんでもない金額だ…」

「1億円なんて、一生、手に入ることないわ〜」

そんな風に思うでしょうか?

 

起業する前の俺だったら

「宝くじで、1億円当たんねかなあ〜」と妄想するくらいだったと思います。

 

が、しかし自分でビジネスを始めた俺にとっては

1億円という金額は現実的な存在になったと言えます。

実際、「寝てても年収1億円の収入がある」なんて人も知っています。

 

だからこそ、今回はこの記事を見ている皆さんにも

「1億円」という金額を身近に感じて貰えるように、

手軽に一億円を体験できるスポットを紹介していきたいと思います。

 

では、さっそく見ていきましょう!

 

目黒雅叙園 1億円のトイレ

まず、一つ目!

それは、「1億円のトイレ」です

 

その一億円トイレは

東京の目黒にある目黒雅叙園というホテルにあります。

 

このホテル自体は、元々は昭和3年からある料亭で、

映画「千と千尋の神隠し」のモデルにもなった場所でもあります。

 

ではさっそく、一億円トイレのある目黒雅叙園を見ていきましょう!

 

 

「1億円のトイレ」か〜!

純金の便器でもあんのかな!?

なんてことを考えながら、目黒雅叙園に向かう(笑)

ちなみに目黒雅叙園は、目黒駅から徒歩3分のところにあります。

 

そして、さっそく到着。

高級ホテルらしく、ドアマンがお客さんをお出迎え。

 

ホテルの中に入ると、日本の風情をビンビンに感じられる風流な中庭が見えてきます。

単純に宿泊するのではなく、こういった「見ているだけで楽しめる」物を

散りばめまくっていて、ホテルそのものがエンターテイメントです。

 

こんな感じに、滝が流れてたりもします↓

外国人観光客が見にきたら、これだけでも楽しくて仕方がないでしょうね。

でも意外と、ホテル内は日本人ばかりでした。

 

で、さっそく一階のロビーを抜けた先にある一億円のトイレに向かいます。

その途中にも、様々な演出がされています。

 

ちなみに、

この目黒雅叙園のコンセプトは「日本美のミュージアムホテル」

 

まさにコンセプト通り、ホテル内は美術館のような作りで、

中を進んで行く途中にはいくつもの展示品があります。

ホテル内には至る所に水が流れていて、日本美を感じまくりです。

 

そして、いよいよ「1億円トイレ」に到着。

入り口には、黒漆に蝶貝が埋め込まれた豪華な美人画があります。

これだけでも、相当なお金が掛かってそう…!!!ゴージャス!

 

 

で、

いよいよ1億円トイレに潜入!

 

うわーーすげええええぇぇ!!!!!

入るとそこには、朱塗りの橋が掛かっていました!!

トイレにここまでするのか(笑)

 

またまたここでも、水が流れています。

水の音につられて、気持ちよく用が足せますよ(笑)

岩から水が湧き出てました↓

 

上を見上げると、天井にも

これでもかというほどの金色の絵で埋め尽くされていました。

 

そして気になる個室を見ていきます!

これまた朱塗りに蝶貝の埋め込みのされた綺麗なドア。

 

いざ、オープン!

 

 

個室は意外と普通でした…(笑)

 

ふう…

と便器にすわり、1億円トイレを満喫

ふと、上を見上げると美人画に見つめられてました。

 

なんか美人に見つめられて、逆に用を足しづらいような(笑)

 

そんなわけで、1億円トイレのご紹介でした。

この目黒雅叙園のトイレ自体は宿泊せずとも無料で入ることができます。

 

ただ、トイレでパシャパシャ写真をとってると

不審者になりかねないので注意してください。

 

俺は誰もいないタイミングを狙って頑張りました(笑)

 

お札と切手の博物館で1億円持ち上げてきた。

 

続いての1億円スポットは

東京の王子駅から徒歩3分のところにあるお札と切手の博物館です。

入場料無料なので、気軽にいけますよ〜

 

お札と切手の博物館では、

お金の歴史や造幣技術について詳しく学ぶことができます。

隣には、お札を印刷する国立印刷局 王子工場があります。

 

 

この博物館の展示物には、過去の日本のお札や

世界中の珍しいお札なんかもたくさん置いてあります。

 

ちなみにこれが、日本最古のお札だそうです。

ほせえ〜。偽造も簡単そうですね(笑)

 

事実、江戸時代から偽造紙幣が出回っていて

偽造防止技術がどんどん進化していったという歴史があるそうです。

 

現代の紙幣では、「すかし」や凹凸のある印刷など

様々な偽造防止技術が織り込まれています。

 

実際に、偽造防止技術を見ることもできます。

 

例えば、こんな感じに、

1万円札を紫外線に当てると中央の判子が光ります。

 

こっちが通常の光に当てた1万円札↓

 

こっちが紫外線の光に当てた1万円札↓

中央の左下の判子が光っているのがわかると思います。

 

こんな風に、普段手にしているお札にも

様々な技術力が込められていると考えると、面白いですよね!

 

 

そして、現物の1億円も置いてあります。

これが今回の1億円体験。

実際に触ることもできるし、重さを体験することもできます。

 

実際に、俺も1億円持ち上げてきました。

クッソ重たいのかな〜と思ったけど、男性なら余裕で持ち上げられます。

 

 

ちなみに、石原さとみさんも持ち上げています。

1億円を持ち上げるという貴重な体験と共に

石原さとみさんと間接握手することもできる…(笑)

最高だぜ、お札と切手の博物館。

 

生涯年収って…

 

俺が1億円を持ち上げた後、この「お札と切手の博物館」の

係員のおっちゃんに、こんなことを言われました。

 

おっちゃん
これから頑張って、1億円、稼いでくださいね〜

 


「あ、はい。余裕っすよ!」

 

おっちゃん
「そうだよね。今の子なら年収500万円でも生涯収入2億円超えるからね」

 

は?生涯収入うぅ?

 

あーそっか。

普通に考えれば、1億円なんて生涯収入の世界の話か。

 

ここで、初めて

俺と一般のおっちゃんとの感覚の違いを自覚しました。

 

俺が実現するのは、生涯収入じゃなくて年収1億円

 

会社員だった頃の俺だったら、この係員のおっちゃんと同じように、

「億」という金額は生涯収入基準でしか考えられなかったかもしれない。

 

 

でも、今は違う。

自分で起業すれば、別に1億円なんて妄想の世界の話ではない。

 

 

それに俺は

生涯収入が現時点で大まかに計算できてしまう「会社員」

として生きていくのは嫌だ。

 

自分の人生が値付けされているみたいじゃね?って思います。

 

セリにかけられるマグロみたいに

はい、お前の人生の価値、2おくえ〜ん!

はい、お前は1億5000まんえ〜ん!

みたいな。

 

そんなのつまらん。超つまらん!!!

 

どんだけ頑張っても、会社員だったら3億程度で人生終了だろ?

そんなの、使える貯金を切り崩して生活してるのと変わらないじゃんか。

 

そんなのは絶対にいやだ、俺の人生はまだまだ可能性無限大だ。

 

生涯収入が計算できてしまうなんて面白くない。

そんな人生を送るくらいなら

収入限界のない、天井のない世界で暴れまわりたい。

 

ビジネスをやっている俺からすると、

1億円なんて、一生かけて稼ぐ金額じゃねえわって思いますね。

 

それに、歳食ってからお金たくさんあっても、俺にとっては意味がありません。

若くて、体力がある時にこそ金がなきゃ、俺は人生楽しめない!!!

年収1億円なんて、俺にとってはスタート地点だってことです。

 

俺がなぜ、ここまで自信満々に年収1億円を目指せるのか?

その秘密は、無料のメルマガでお話しています。

 

では、今回は色々な1億円を体験してきたというお話でした。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私、ロジャーは
不労で月収200万以上稼ぐ起業家と出会い、
たった半年で120万円以上稼げるようになり
人生が激変しました。

現在は、ロジャーもサイトを仕組み化して
不労で月収200万ほど稼いでます。

昔は自動車メーカーの落ちこぼれ社員として
朝から晩まで働いていましたが、
今は一人で、ほぼ働かずに稼いでます。
まあ…クッッソ怪しいですよね。

お前は才能があったんだろ?と言われますが
元々は仕事も出来ない落ちこぼれ社員で、
仮病で会社をサボるような人間でした。

そんなダメ人間でも自信を持つことが出来て
自力で稼いで、起業することができました。

ビジネスに才能なんて不要です。
どんな人でも、行動すれば
絶対に変わることが出来る。

起業家との出会い、うつ病を克服する過程、
月収200万の不労所得を生み出すまでの過程
コチラで暴露してます↓

うつ病で自殺しかけた大企業の
落ちこぼれ社員が
起業して
200万円稼ぐまでの逆襲物語

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
下記画像をクリックして
人生逆襲1億円物語を読む

自伝本を出版しました。

ロジャーの成功の軌跡、理念について綴った
¥1200で販売中の電子書籍も
メルマガ登録でプレゼントしてます↓

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)