不労月収100万円の感想文

こんにちは、ロジャーです。

今回は
不労月収100万円の感想文ということで、
月収100万円を達成した、
当時の心境を紹介しようと思います。

実際はビジネスを初めて
半年で月収120万を達成してましたが
まあキリ良く月収100万円で表記を統一してます

で、起業して自分でビジネスを作る前までは、
月収100万円なんて、
はるか遠い世界の話だと思っていたんですが

意外と、月収100万程度なら、
会社員の方の副業レベルでも
全然到達可能な世界なので、

ぜひそこを体感していただきたいな〜と思い、
俺が月収100万を達成した時になぐり書きした心境メモを
読みやすく、記事にして公開します。

では、こっからが
「不労月収100万円の感想文」です。

あ、月収100万ってこんなもんなのか。

「よっっしゃあああああああ!!!!!
 月収100万円の達成じゃあああああああ!!!!」

こんな嬉しい気持ちは、あった。

だけど、冷静に、半年間で
俺がやってきたことを振り返ってみると、

思っていたよりも月収100万円が
あっさり達成できてしまって、

「あ、こんなもんか」という気持ちが強い。笑

 

俺は、元々は自動車メーカーの社員として
月に20万程度の給料を貰って生きていた。

その状態から考えれば、月収100万円なんて
まじで異世界の話レベルに思っていた。

実際、俺よりも何年も先輩の人たちでさえ、
月収100万円なんて貰ってないことを知っていたし、

月収100万円以上もらっているような
もっと上の職位の上司は、今までに死ぬほど働いて、
現在も死ぬほど残業していたことを知っているからだ。

そう。
俺にとっては、月収100万円という世界は
様々なものを犠牲にして手に入れるものだと思っていた。

だけど、自分でビジネスを作ってみたら、
半年で出来てしまった。

努力量で言えば、会社で昇進するよりも
何十倍も楽だったと思う。

いや、残業に苦しむ上司を思い出すと、
何百倍も楽だったかな。

 

そう、例え同じ月収100万円だったとしても

会社員としての月収100万円と、
ネットビジネスでの月収100万円では

幸福度に雲泥の差があることに気がついた。

苦労して、汗水垂らして働かないとお金は手に入らない…と思い込んでいた。

ネットビジネスでの月収100万円と、
会社の給料で月収100万円。
↑ここには幸福度に大きな差がある。

その大きな理由の一つは「時間」だ。

 

昔の俺の感覚で言えば、 汗水垂らして、
苦労して働かないとお金は手に入らないものだと思っていた。

それは、学生時代のバイトでもそうだったし、
会社員でも同じだった。

肉体的、精神的苦労の等価交換として、
お金をもらうという感覚。

自分の時間、自分の寿命を
会社に切り売りして初めて金が手に入るのだ。

「自分の寿命の量り売り」と言ってもいいかもしれない。

でもビジネスという世界に触れてからは
「お金=労働して手に入れるもの」という 方程式は崩れ去った。

崩れ去ったというより、もう一つの方程式を知った。

いわば、「お金=労働して手に入れるもの」という方程式は
完全に労働者目線の方程式だった。
俺は極々小さな、「労働者の世界」でしか生きていなかったんだ。

これを商売目線で考えれば、容易にもう一つの方程式に気がつく。

商売の原理原則は…儲けが生まれる方程式は…

その商売目線で見えてくるもう一つの方程式は
「お金=価値を提供すると手に入る」というものだ。

顧客に対して、価値を提供した時に金銭的対価が生じる。

分かりやすくいうと、 お客さんが抱えた悩みや問題を解決してあげたら、
その代わりにお金がもらえるという方程式。

「お金=労働して手に入れるもの」という労働者の方程式も
結局は、商売の原理原則の一部でしかない。

労働者は、会社に対して、労働力を販売し、
会社に価値を提供してお金を得ているだけ。

でも、だ。

この方程式で言えば、 自分が
どれだけ時間をかけて頑張るかどうかなんて関係ないし、
自分が汗水垂らして働くかどうかなんて関係ないってことだ。

 

だからネットビジネスは「仕組み化」という概念が成立する。

要は、一度でもサイトを作ってしまえば、 
サイトが勝手に働いてくれて、サイトが顧客に価値を提供してくれる。

まあ、分かりやすい例を言えば、youtuberと同じ。

ヒカキンが昔、作った動画はチャンネルに保存されていて、
例え、昔に作った動画がいま再生されたとしても、
しっかり広告が表示されたらヒカキンには金が入る。

これはYouTubeというシステムが勝手に働いてくれて、
お客さん(動画を見た人)に広告を見せて、儲ける。

ヒカキンの代わりに、Youtubeに保存された動画が
視聴者を楽しませて、価値が提供されているってこと。

こんなに分かりやすい構造なのに、
昔の俺はYoutuberを見ても、憧れるだけ。

「いいな〜こんな楽しそうなことしてお金稼げるなんて〜」
その程度にしか考えてなかった。

羨むだけで、自分もやってみようという勇気がなかった。

まあ、それに会社員だったから、
youtuberに挑戦するハードルは高かったってのもあるけど。

顔出しもいらない。副業でコソコソとサイトを作るなら…俺にでも挑戦できる。

そして俺は、ネットビジネスという選択肢を知った。

youtuberが動画を作るのと同じで、
一度、サイトを作り込んで儲かる状態にできたら、
あとはもう勝手にサイトが利益を上げてくれる。

しかも、顔出しもせず、コソコソと副業でサイトを作っていける。
正直、これは今でもチートだと思う。笑

で、「これなら、俺でもできそう!」って思ったし、実際できちゃったし、
月収100万円達成しちゃったし、結果、会社辞められた。

会社員だった頃の俺は、サイト作りやyoutuberみたいな、
「自動化」や「仕組み化」という概念を持っていなかったから

労働者という立場で、自分の時間と労働力を切り売りして、
毎日頑張って働いて、ちょろっと稼いで、
ちょろっとお金を使って、また毎日働いて、を繰り返してた。

大企業で頑張って昇進して、そこそこ良い給料をもらう。

確かにこれでも「金銭的な自由」は、
多少なりとも手に入るかもしれない。
(とは言っても、年収2000万弱が限界だろうけど)

でもこれじゃあ定年するまでの
40年間は「時間」という自由が手に入らない。

 

自分は一切働かず、勝手にサイトという仕組みが
月収100万以上儲けてくれる状態になった今、
「何が一番嬉しいか?」と聞かれると、

正直、月収100万円という数字そのものよりも
「時間的な自由」の方が何よりも嬉しい。

ぶっちゃけ、月収100万だろうが、 月収20万だろうが、
あんま数字は関係ないんじゃないかな、と思う。

それほどに、「時間的な束縛がない」というのは
本当に人間の幸福度を大きく変えるものだ。

だって、もしこれが会社員の頃だったら、

日曜日
あーーーーーーーー休み終わる。 最悪だ、いやだ。終わるな。時間とまれ。

月曜日
絶望。

火曜日
え、まだ火曜日… あと4日も仕事…無理い。

水曜日
あー折り返しだ。 あー、、、、まだ折り返しか。

木曜
明日行けば終わり♪
明日行けば終わり♪
明日行けば終わり♪

金曜日
ヒエエエエエアアア!!!!!
週末ううううううう!!!!!!!

土曜日
まだ明日がある。日曜がある。 まだ焦るのは早い。

日曜
あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛

こんな感じのメンヘラ1週間になる。笑
そりゃあ疲れるよ…

今、会社員の生活を送れって言われたら
俺は1週間すらもたずに、ドロップアウトすると思う。

それを考えると、会社員のポテンシャルって
ほんとすごいと思うわ。(元会社員がいうのも変だけど)

毎週5日間も10時間以上働いていけるエネルギーがあるなら、
そのエネルギーをほんの少し、ネットビジネスに注いだら
余裕で成功しちゃうと思う。笑

会社で昇進して給料あげるよりも、
ネットビジネスで月収100万の仕組み作る方が
1億倍簡単だし、早いし、楽だよな〜と俺は思う。

しかも会社員だったら、上司の給料はなかなか超えられないし、
社長の給料は絶対に超えられないけど

ネットビジネスだったら、月収100万が天井なわけではなくて、
こっからさらに収益を上げていくことができる。

 

これもまたロマンあるよなあ。
おっしゃ、これからも頑張っていこう!!

金だけじゃなくて、時間的自由を手に入れるのがめっちゃ大事。

というわけで、
「不労月収100万円の感想文」でした。

月収100万を達成した当時に思ったことは、
意外にも「金」そのものではなく、
「金と時間の両立」が嬉しいってことでした。

まあこれは今でも、そう思います。

 

やっぱり、いくら金や体力があっても
時間がなければ、好きなことや、夢があっても
挑戦すらできないわけですから。

まあ、俺の場合はビジネスを始めた当初なんて
高尚な夢なんて一切なくて。笑

ただただ、金持ち時間もちになりたいだけ。

ただただ、会社という苦しい世界から脱出したくて
無我夢中でネットビジネス学んで挑戦したんですけどね。

 

今でこそ、法人のコンサルなどの規模がデカいこととか
人を雇ったりとかして、色々やりたい事業や
目標があったりするんだけど、

会社員だった頃は、もうとにかく

  • 金が欲しい
  • 時間が欲しい
  • 寝たい
  • ゆっくり寝たい
  • お菓子食べながら漫画読んで
    youtube見てゴロゴロして
    グータラできるくらいの時間と
    金の余裕が欲しい
  • とても寝たい

 

まさにこんな感じでした。笑

めっちゃダサいんだけど、まあこれが本音。

 

最初はこういう気持ちがなんかカッコ悪くて
「自分の力で稼げるようになるんだ!」
って自分に言い聞かせてた。
(もちろん、そういう気持ちもあったけど)

 

でも最初は「金持ちになりて〜モテてえ〜」とか、
これくらいの低俗というか、
人間臭い欲望を持っていてよかったんだな、

と今では思います。

こういう自分の中の欲望がなかったら、
俺は月収100万円なんて到底無理だったと思う。

 

それに、俺の周りの経営者さんも、
最初はみんなこんな感じだったらしいし。笑

起業なんてそんなもん。

金が欲しい、時間が欲しい、
女にモテたい、これでいいんだよ。

 

結局、それくらいダサい欲望でも
月収100万とか、達成できちゃうんだから。笑

 

逆に、会社の周りの先輩とか上司を見て、
「ああ、将来は俺もこうなるんだ…  
 嫌だけど、仕方ない。受け入れるしかないな…」
っていう感じに、諦めなくてよかったなって思います。

心の底から思います。

 

だって、そこで諦めちゃってたら
ネットビジネスをやろうともしなかっただろうし、
ネットビジネスを知ることもなかったと思う。

 

ま、そんなわけで、月収100万円の感想文でした。

今、ネットビジネス頑張っている方の中には
まだ結果が出せていない人もたくさんいると思いますけど、

ネットビジネスの成功曲線って、割と指数関数的なので、
コツコツやっていけば、ある時期を境にバコンと伸びていきます。

やっぱりサイトの仕組みがしっかり回るようになると、
利益も加速して行きますからね。

そしたらもう月収100万なんて目の前です。

 

まあ俺の感覚的に言えば、
「ネットビジネスを知った」という時点で、
↓この状態まではきてます。

あとは、掘り進めるかどうかですね。

月収100万を達成するためにやることって
もうほとんどルート化されていて、
やることは決まっているんで

そこが見えちゃえば、きっと俺と同じように
「あ、月収100万って、こんなもんか」
って言えるようになると思います。

では。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私、ロジャーは
不労で月収200万以上稼ぐ起業家と出会い、
たった半年で120万円以上稼げるようになり
人生が激変しました。

現在は、ロジャーもサイトを仕組み化して
不労で月収200万ほど稼いでます。

昔は自動車メーカーの落ちこぼれ社員として
朝から晩まで働いていましたが、
今は一人で、ほぼ働かずに稼いでます。
まあ…クッッソ怪しいですよね。

お前は才能があったんだろ?と言われますが
元々は仕事も出来ない落ちこぼれ社員で、
仮病で会社をサボるような人間でした。

そんなダメ人間でも自信を持つことが出来て
自力で稼いで、起業することができました。

ビジネスに才能なんて不要です。
どんな人でも、行動すれば
絶対に変わることが出来る。

起業家との出会い、うつ病を克服する過程、
月収200万の不労所得を生み出すまでの過程
コチラで暴露してます↓

うつ病で自殺しかけた大企業の
落ちこぼれ社員が
起業して
200万円稼ぐまでの逆襲物語

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
下記画像をクリックして
人生逆襲1億円物語を読む

自伝本を出版しました。

ロジャーの成功の軌跡、理念について綴った
¥1200で販売中の電子書籍も
メルマガ登録でプレゼントしてます↓

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)