池袋の道端で愚痴聞き屋してビジネスアイデア収集したら壮絶な悩みが多過ぎて超勉強になった

こんにちは、ロジャーです

 

今回は、ビジネスアイデア収集のために
池袋で愚痴聞き屋をやってみた、という話。

 

で、
なんで愚痴聞き屋がビジネスアイデア収集になんの?
ってことは当然、疑問になると思います

 

結論から言えば、
世の人々がどんな悩みや欲を持っているかを知ること
ビジネスアイデアに繋がるのです

 

なぜかというと、この世のビジネスは、
すべて人の欲を叶えるためにあると思ってます

というか、事実そうです。

だからこそ人々の悩み、
欲を知ることがとても重要になってきます。

 

飲食店なら、ご飯を食べたいという欲。

あるいはご飯つくるのめんどくさいから
作って欲しいという欲もあるかもしれません。

 

スポーツジムだって
トレーニング器具をつかって
効率的に体を鍛えたい人の欲があるし

 

学校だって何かを学びたい人に学費を払ってもらって
勉強や専門知識を教えるというビジネスなわけです

 

言い換えれば、
需要がまったく無いビジネスって絶対になりたちません

極論を言えば、仮に俺が

「1万円で、あなたの顔面を1発、本気でぶん殴ってあげます」
というビジネスを始めたとしても絶対に成り立たないのと同じです

法律的に~とか暴力は~とかそういう以前の問題で
そもそも、顔面を殴られたい人がいないわけです。

 

なので、世の中の人がどんなことに悩んでいて
どんなことを望んでいるのかを知ることって
めちゃくちゃビジネスの勉強になると思っています

 

なんで俺がビジネスを学んでいるのか、に関しては
この記事に書いてあります↓

うつ病で自殺しかけた社畜が起業して不労月収200万円を達成した人生逆襲物語

2018年10月27日

 

そんなわけで、無料で愚痴聞き屋やれば

「世の中の人が何に悩み、何を望んでいるか」わかるんじゃね?

と思い、池袋で実際にやってみました。

 

 

思い立ったら即行動、スピードが大事なので
愚痴聞き屋おもしろそう!と思った、
次の日に池袋に繰り出して即実行してきました

 

 

なんで池袋にしたかというと、

電車の利用者数が多く、
新宿に次ぐ第2位、なので通行人も多いです。

新宿でもよかったんですが、
新宿は駅から東西南北全方向に

人が散らばっていくような町の構造になっていて
その点、池袋は大抵、西か東のどちらかなので
人の流れを考慮して池袋にしてみました。

 

で、最初に言っておきたいのが

今まで愚痴聞き屋なんてやったこともないし
もちろんストリートパフォーマンスもやったこともありません。

 

でも、人の話を聞くだけなら余裕で出来る気がしたんですよね、
前日まではそう思っていたのですが…

実際は相当な覚悟が必要でした。

 

 

それでも、即実行と自分の中で決めきったことなので
逃げるのは絶対ダメ、やると決めたからにはやる。

ということで実際に
愚痴聞き屋をやった日の話をしていきます。

 

 

当日、
「よっしゃー!!!やってやるぞ!!!」と

自分を奮い立たせながら、
電車で池袋に向かいました

 

とりあえず昨日思いついたことだったから
当然、何も準備はしていません。

まず人を集めるには、
道に座っているだけじゃダメだから

愚痴聞き屋をやってるってことを
道行く人に伝えるために看板を用意しよう!

 

ということで、
ドンキホーテでスケッチブックとペンを購入

 

そしてそのままま、いざ出陣!!!!と行きたいところでしたが
池袋といっても広いからどこが良いかな~とウロウロと歩きました

 

 

すると、歩いているうちに
いつのまにか「出来ない」理由を考え始めてしまいました

あまりにも人が多くて
通行の妨げになるようなところではできないな~

あそこは目の前に店があるからな~
店員に怒られないかな~

あそこは交番が近い、
愚痴聞き屋なんてやってたらポリスメンに怒られないかな~

 

完全にダメなパターンにハマってしまいました、
悩んで考えているだけで一向に行動に移せない自分…

 

んーーーどうしよう(汗)

どこでやればいいんだ…

 

こうやって、さっきまでの勢いがどんどん消えて行きます

 

もう1時間は歩いた…

どうしよう…

出来る気がしなくなってきた…

 

まだ何もしていないのに、た
だ池袋をあるいているだけなのに

自信がなくなってきて、
謎に「怖い」という感情すら感じ始めていました

 

実際に池袋に到着するまでは、
「さっと座って道端で看板もってやりゃあいいだけだ」と思って
完全に舐めていました。

 

でも、その「道端に座る」ことですら出来ない。

 

原因は、人の目が気になってしまうこと。

「なんであいつあんなところに座り込んでんだ?」
と思われるのが怖かったということです。

どこに座ればいいか、
そんなクソ小せえことで1時間は悩みました。

 

 

くそ!くそおおおおおお!!!
全然、出来ない!!!

歩いているだけなのに、
勝手にパニックになりました(笑)

 

で、

そのパニックを落ち着かせるため…
そしてちょうど腹も減っていたので
とりあえずラーメン屋に入りました

 

そこでこんなことを思うわけです

 

なにやってんだ俺は

ただ散歩して、飯を食う為にここまで来たわけじゃない

やるぞ、自分で勝手に壁をつくっているだけだ

そのしょうもない壁を
ぶっ壊せ、ぶっ壊せ、ぶっ壊すんだ

 

とにかくやることが大事

これは絶対に間違ってない、
やってみたら大したことなかったなって思えるはずだ

 

というか別に失敗したって良い。

仮に道ゆく人々に、
白い目で見られようと笑われたとしても

それがなんなんだ?

そんな人たちが5分後に俺のことを覚えてるのか?

いや絶対、忘れてる、だから関係ない

 

俺は俺がやりたいようにやればいいだけ

誰に何を言われても、どう思われても

俺が正しいと思うことだけをやればいいんだ

 

よし、やるぞおおおおおおお!!!!!!

 

お腹を満たすのと同時に、
やる気を湧き立たせた俺は

ラーメン屋を出て、あえて、
ルイヴィトンのお店の目の前の道に座り込んだ。

 

周りの人を見るのも怖い、けどもう座った!!!!

とりあえず道端に座ることができた、前進した!

 

しょうもないことと思われるかもしれないけど
俺は自分で自分の成長を体感した瞬間でした。

 

そしてさっき買ったスケッチブックを取り出す

あなたの愚痴聞きます 無料です!
と、クッソきたねえ文字で書きました

(俺、昔から字下手なんですよ
 小学校のころは字が読めないとよく怒られてました)

今思えば、
もう少し面白いことを書けばよかったなーと反省。

看板はこんな感じ↓

 

で、ついにその出来たての看板を掲げたのです。

 

ほんとに心臓バックバク!

やばい、ホントに池袋で愚痴聞き屋やってるじゃん俺。

ビジネスに出会う前の俺が見たら
「え!俺なにをやってんの!?」
ってびっくりして腰抜かすと思います。

 

看板を掲げてからの数秒間、そんなことを考えていました

 

すると、一人の男性が近づいてきた
「愚痴聞き屋なんてめずらしいですね」

 

おお、すげーホントに人来てくれた!

看板出してからまだ20秒くらいだぞ!?

と、勝手に舞い上がってました。

 

で、さっそくその男性に

「そうっすね!昨日、思いついて、
 ついさっきスケッチブック買ってきて

 今、始めたところっす(笑)
 なんか愚痴あります?」

と聞きました

すると、少し考え込む男性…

 

バカか俺は、
いきなりそんな聞き方じゃ話しづらいに決まってる!

 

そう思った俺は、
「じゃあまずは俺の自己紹介からしていいすか?」

 

そう言うと、その男性は
俺が家から持ってきた100均の座布団に座ってくれました

それから、俺が会社で苦しんでうつ病だったこと、
師匠との出会い、今ビジネスを勉強していることなどを話した

 

すると、その男性もゆっくりと、色々な話をしてくれました
ここからはその男性をSさんとします

 

そのSさんは
昔、自動車の設計をやろうとしていたことや

最近まで、職場の複雑な人間関係で悩んでいたこと、
会社に振り回されて色々な場所を転々としたこと、

ここに書けないような、
本当に胸が痛くなるような話もしてくれました

 

 

本当にマンガに出てきそうな
超超超壮絶なエピソードばかりで思わず

「頑張りすぎですよ!!!」と言ってしまったほど(笑)

なんか、漫画のカイジの話でも聞いているのかな?って感じでした

 

その後も話が盛り上がって、
30分くらい?は話したと思います

 

しかもちょっとびっくりしたのが
Sさんも、仕事が製造関連で
まさかの共通点だったなーと思います

 

愚痴聞き屋やって
工作機械の話で、盛り上がるとは思いませんでした

(工作機械ってのは金属とかを削ったりする機械のことです)

 

 

こうやって振り返ってみて
俺が愚痴聞き屋やろうとしなかったら、

こんな出会いなかったのかと考えると
愚痴聞き屋をやってよかったと思ってます

 

そして、Sさんとお別れしたあとも
看板を掲げながら座り込む。

 

通行人は俺を笑いながら見てくる人もいれば

「なにあれ、愚痴きいてくれるってよ、
 おまえいけよ」と馬鹿にするように
笑いながら過ぎ去っていく人もいたり

中にはゴミを見るような
冷たい視線を送ってくる人もいました。

 

でもそのときにはもう既に、
人の目とかどうでもよくなってて

次、誰か来てくれないかな~で頭がいっぱいでした。

 

 

で、次に来たのがちょっと
上品そうなご婦人とその娘さん?っぽい人。

婦人さんがこう話しかけてきた
「おもしろいわね、なんでこんなことやってるの?」

と言われてしまったので、俺が色々あって
ビジネスを勉強していることを説明しました。

 

色々あったことについては
こちらの記事で紹介しています↓

うつ病で自殺しかけた社畜が起業して不労月収200万円を達成した人生逆襲物語

2018年10月27日

 

すると、ご婦人が

「仏様の教えからアドバイスを
 頂くことはできないんですか?」

と言うのです。

 

 

ん?ん?ん?ん?ん?

ほとけ?HOTOKE?

 

当然、仏様の教えなんぞまったくわからないので
「いや~それはやってないっすね~」と答えると

 

今度は、ご婦人と一緒にいた娘さんが
「お寺とか行って
 御坊様のお話聞いたこととかありますか?」

と言い始めました。

 

あれ?これは…と思った矢先、
娘さんが、バックからなにかを出した

それがこれ↓

 

宗教の勧誘か~い!

 

とツッコミそうになったが、我慢。

別に入信するつもりなんてもちろんなかったけど、
面白そうだから話を聞いてみました。

ご婦人いわく、変なカルト集団的なものではなく、
普通の仏教らしい。

むしろそういった類の危ない宗教に
入ってほしくないから頑張っているのだとか。

 

で、やってることは

さっきも言ったが、お寺にいってお坊さんの話を聞いたり
毎朝、お祈りとかしているらしいです。

 

そんな感じで仏教の話をしている中で、
ご婦人に一つ教えてもらったのが

「四苦八苦」

ということばの意味です

 

仏教の世界では

四苦八苦の四苦の部分、
これは人生における「4つの大きな苦しみ」を
表していると言うのです。

 

それぞれ

・生きる苦しみ
・老いる苦しみ
・病気の苦しみ
・死ぬ苦しみ

だそうです

 

このときはへえ~としか思わなかったですが…

 

でも今になって考えると、
愚痴聞き屋で聞き出していたのは

人々の苦しみや悩みだってことに
改めて、気づきました。

 

で、この言葉にもう少しヒントが
あるかもと思ったので詳しく調べてみました。

それに関しては別の記事で書こうと思っています

 

話を戻すと

そのご婦人から、当然といえば当然ですが
仏教の勧誘をされたわけです。

「今度、お寺でお坊さんのお話を
 聞きに来ませんか?」と。

 

で、俺が

「仏様じゃなくて自分を信じているので、
 とにかく自分が思うようにやってます!

 なので、仏教はごめんなさい!
 だけど、応援してます!」

と言ったら、意外とすんなり

「いいよいいよ、お兄さんも頑張ってね!」
と言ってくれました。笑

 

昔の自分だったら、宗教ってだけで
体が拒絶反応をしめして

話すら聞こうとしなかったけど
なんか普通に話して、
仏教の知識も教えてもらって面白かったです。

 

 

さらに面白かったのが、俺が冗談で

「お寺とかそういうのめんどくさいんで、
 YouTubeで仏教教えてくださいよ」

っていったら

「あるよ!でも間違った事いってたり、
 変なのもたくさんあるから、
 ちゃんと公式の仏教の動画みてね」

って言われました(笑)

(ってか、公式の仏教ってなに…)

 

 

でも、仏教でさえ、
いまやYouTubeやってんのか~

やっぱネット社会すげ~と思わされた瞬間でしたね

 

 

そんな感じで、

3時間くらい池袋の駅前で座り込んで、
愚痴聞き屋をやってみた結果としては

悩みや苦労したことなども聞くことが出来たし、
宗教の勧誘を受けるという面白いことが起きたり

ホントに貴重な経験になりました。

 

 

何より、自分の成長につながったと思ってます

 

やっぱり、何か新しいことを始めるときって、
それなりの勇気が必要で、

日常生活を送っていても、
なかなか勇気を振り絞って
何かをやってみるというシーンって
あまりないと思います

 

そういった観点から言えば

今回の愚痴聞き屋チャレンジは
自分のマインドを鍛えるという意味でも大成功でした。

 

というわけで今後も、さらに勢いをつけて
ビジネスを学んで年収1億に向かって突き進んでいきます

 

 

では、またお会いしましょう

ロジャー

 

 

追伸

愚痴聞き屋をやって、出会ったSさんから
LINE@でお礼が届きました!

愚痴を聞くだけでもこれだけ感謝され
価値が生まれるっておもろいですね。

 

 

いや~こういったコメントをもらうと
本当に嬉しくなるし、励みになります

Sさんは自分で、あまり
人と話すのは得意じゃないとおっしゃっていたんですが

苦手っていうより口に出す前に
ちゃんと頭で考えてから話してる感じだったので

変に苦手意識持たずに、
もっと自分に自信持っていいのに~って思いました(笑)

むしろ、色んな角度から
物事みれる方だったので俺もかなり刺激を受けました。

 

Sさん、ありがとうございました~!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私、ロジャーは
不労で月収200万以上稼ぐ起業家と出会い、
たった半年で120万円以上稼げるようになり
人生が激変しました。

現在は、ロジャーもサイトを仕組み化して
不労で月収200万ほど稼いでます。

昔は自動車メーカーの落ちこぼれ社員として
朝から晩まで働いていましたが、
今は一人で、ほぼ働かずに稼いでます。
まあ…クッッソ怪しいですよね。

お前は才能があったんだろ?と言われますが
元々は仕事も出来ない落ちこぼれ社員で、
仮病で会社をサボるような人間でした。

そんなダメ人間でも自信を持つことが出来て
自力で稼いで、起業することができました。

ビジネスに才能なんて不要です。
どんな人でも、行動すれば
絶対に変わることが出来る。

起業家との出会い、うつ病を克服する過程、
月収200万の不労所得を生み出すまでの過程
コチラで暴露してます↓

うつ病で自殺しかけた大企業の
落ちこぼれ社員が
起業して
200万円稼ぐまでの逆襲物語

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
下記画像をクリックして
人生逆襲1億円物語を読む

自伝本を出版しました。

ロジャーの成功の軌跡、理念について綴った
¥1200で販売中の電子書籍も
メルマガ登録でプレゼントしてます↓

2 件のコメント

  • こんにちは、はじめまして。
    通りすがりのものです。

    私も頭では色々やりたいこととか、やったほうがいいことあるんですが、
    いざやってみようとなると一歩踏み出せないことが多いので
    記事読ませていただいて勝手に勇気もらいました。笑

    ほんと、人の目って気にしがちですけど
    相手からしたら5分後には忘れられてますよね。
    逆に一瞬のことでずっと覚えられてたら、
    そこらへんの巨額のお金をかけて作られてる広告よりもすごい存在ですよね。笑

    こういう記事書く人って、もともとぶっ飛んでるとか
    行動力ある系の人ばかりだと思っていたので、
    ロジャーさんが一般の人間らしい葛藤のすえ行動しててほんと面白かったです!

    そしてこのような体験を発信してくれてありがとうございます。
    これからも楽しく頑張ってください!
    陰ながら応援しております。

    • 通りすがりの一般人さん

      はじめまして!コメントありがとうございます!

      確かに、世の中には色々な広告がありますが
      いちいちどんな広告があったかなんてソッコーで忘れますね(笑)

      自分の場合は、むしろ行動力ない人間でした
      休日なんてTV見ながらゴロゴロするだけとか(笑)

      でも今は日々、自分の限界に挑戦することを意識しています
      それを続けていくと、「昨日の限界が今日の余裕になる」という現象が起きるので
      自分の成長を楽しむくらいの気持ちでやってます
      なので、池袋の道端に座っただけでも自分の成長ですね(笑)

      応援のコメント、ありがとうございました
      こういった声を頂けると、とても励みになります!
      これからも全力疾走でやっていくので楽しみにしていてください!

  • コメントを残す

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)